天文館安心・安全落書き消し隊 出動!2019/5/18 午前6時半から!

鹿児島天文館は古くからの商業地であり、そこにご来街頂くお客様に

よって生業をしてきているし、現在もこの点は何も変わらない。

交通機関を使い、約90%の方が、わざわざ天文館へ来て頂いている。

お客様をお迎えする店舗は、店舗、商品、サービスなどを磨きお客様をお応えする。

その力をつける取組の一つに現在実施中の「鹿児島天文館まちゼミ」もある。

今回は違う視点から、「天文館安心・安全落書き消し隊」の活動をご紹介したい。

綺麗な「街」がいいことに決まっている。異論はないと思う。

言葉で「綺麗な街」といっても実際はその「綺麗さ」を担保する活動が

人知れずあるのだ。

「天文館安心・安全落書き消し隊」の活動もその一つだ。

2019/5/19日午前6時半から、天文館のおつきや交番の前に

商店街、町内会、警察の方などなどボランティアの方が集合した。

天文館にある「ラクガキ」を消すためだ。

ペンキ・ローラー・軍手・養生テープ・タイルなどを持って数班に分かれて

活動をする。

事前に落書きの場所を特定した、ペーパーが配布される。

この事前の作業も大変だろう。

やはり、落書きはあるものだ。

マナーの問題だが、この落書きを放置するとまた落書きが増える。

いたちごっこだが、継続的に地道に実施するしかないのだろう。

目に見えない、地道な努力をする「街」の人々がここにもいる。

このような人がいる「街」はきっと「市民」にとってもいい「街」なのだ!

落書きを消しながら、これは「まちゼミ」にもなると思ったのは

私だけだろうか!

街の安心・安全はこのような「市井」の人々の目に見えない努力でもなり立っている。

実にすがすがしのはなぜだろう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

いづろハッピーデイ
ページ上部へ戻る