令和2年度 鹿児島天文館「大国主神社初穂祭」開催 2020/1/12

鹿児島天文館、金生通り商店街やいづろ商店街、大黒町の守り神

「大国主神社」の令和2年度「初穂祭」が開催された。

 

私事ながら、信じている宗教があるわけではないし、かと言って

ひとつの宗教を信じている人はそれはそれでいいと思う立場だ。

しかしやはり人は弱いもので私のような者でも何か困難なことがあると

「神様」「仏様」「キリスト様」として、いやなんにでもすがりたくなる。

人知を尽くして天命を待つ、とは言いながら、自然と「神頼み」になる。

大国主神社には、会社に行く前に必ずお参りをしている。

大きな声では言えないが、お賽銭は、10円程度だ。

しかしやはり、お参りをして1日が守られている感じがする。

その鹿児島天文館「大国主神社」の初穂祭が2020/1/12日開催された。

玉串奉奠をして清らかな気持ちになる。

特別なことはなく、・・・「それでいいのだ」。

通り会の理事長をはじめ多くの人で賑わいいい時間だ!

令和2年、皆さんがそれそれの目標に向かい歩みだす。

いい1年になる・・・・いやいい1年自らすることが重要だ。

神様が見守っている。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

いづろハッピーデイ
ページ上部へ戻る