2021年1月12日 大国主神社の初穂祭 開催! コロナ対策を万全にして!

鹿児島天文館の守り神

「大国主神社」

の令和3年春の

「初穂祭」が開催されました。

コロナ禍の中、野外とは言え「マスク」「手指消毒」「ディスタンスの確保」

等をしての開催となりました。

午前10時から「照国神社の宮司さん」に来て頂き、祝詞賞状の後

各通り、通り会の代表による「玉串奉奠」がありました。

商売繁盛の神様を商売の街のメンバーで祭るながく続く伝統行事です。

コロナ早期終息もお願い致しました。

商店街はこのような伝統行事の支え手でもあるわけです。

これも商店街と言う「エリアコニュニティー」の価値の一つでしょう。

さーコロナ対策を万全にして「商売」で稼ぐことが

世間の為になります。

雨が心配されましたが、はじまると青空ものぞく天気になりました。

頑張ろう!「商売人」!

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

いづろハッピーデイ
ページ上部へ戻る